慌しくも楽しく!
3月頭から12日までカリブに行っていたために、帰ってきたら仕事が大童なことになっていた。
でも不思議だ!気持ち入れて一つ一つ片付けていくうちに、仕事のペースやはかどり方が早くなっている。日曜日は、キヤノンとアップル、それにファットフォトが一緒になって企画した「Photo meets music」のイベントがあり、品川のSタワーに集まったさまざまな年齢の人たちと、恐らく日本で(そして世界でも)初めてだろうと思えるオリジナル音楽に合わせたスライドショー作成のための撮影&ワークショップイベントを行った。おかげさまで大好評!忙しい中で準備をしてきたスタッフの労多し。されど、成功で報われた感じ。ixy90のカメラやipodなどを抽選でゲットした参加者の中の8名は、さらに嬉しかったのでは!また、昨日は6月1日から始まる写真月間の中の「1000人の写真展」の審査日。半蔵門にある日本写真協会に出向き終日審査。しっかりとした審査は楽しかったし、後の総評&講評もいろいろ意見が出て楽しいものだった。今日は気合入れて、今週金曜日から始まるPIEの準備と平行して、ファットフォトやその他の連載原稿を書き上げた。全て予定通り!(なんていうと偉そうに聞こえるかもだけど、うまくいくとすっごく嬉しいものだ)。明日は、早朝からハウススタジオで行う「ファッションフォト2007」。忙しいけれど充実している。
f0060501_2242711.jpg

f0060501_22413693.jpg

カリブの海での出来事が既に夢のときのようだ。

PIEでの講演はトークや講演スケジュールは下記のとおりです。
●23日(金)、ニコンブースで女優の黒川芽以さんと14時から
「テラウチの視線×黒川の目」というトークセッション。
ここでは横浜の写真を初公開します。
●24日(土)は、会場のメインステージで13時から
「心捉える写真の作法―何気ないけど何かを感じる写真のヒント」と題して、
時代の読み方。それに呼応する撮り方のセンス、逆に無視したアーティストとしての生き方。それに、個性と普遍について講演します。この1時間は、中身の濃い内容です。
その後、15時からノーリツ鋼機ブースにて
「あの頃を思い出す、写真の楽しみ」というトークを行います。
ここでは、4メートル四方の壁にカリブで撮ってきた写真を初公開します。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-03-20 22:55
音楽家って凄い!
2月の終わり。
六本木のある場所で、小さなクローズドの写真と音楽のコラボをやりました。
僕の写真を見せながら、音楽家たちが即興で演奏してくれるもの。
ピアノとギターとバイオリンでの生演奏ですが、何の打ち合わせも無しに、次々と上映される僕の写真に合わせて、完璧な音となって演奏されていくのです。そのさまは、特等席で見ていたのですが鳥肌モノでした。まったく写真を邪魔せず、しかも完璧にフォロー&存在を主張しているのです。
国立音大の2年生と3年生たち。
いつか彼らと何かやりたいと思い始めています。
『PHaT PHOTO』のイベントとしてやってもいいし、みんなの写真が上映されて、そこに音楽が加わる楽しさに、きっとはまってしまうと思います。

音楽家の彼らも20代。
今20代の写真家はどんな思いや活動をしているのか、藤原新也さんが今のファットフォトで書いてくれた「20代って本当に若いのかね。俺はそうは思わんな」で始まるエッセイ&写真。僕はこのページが大好きです。
「…空気を読む。何ソレ。…僕的には。アホか。」
「生き方上手の写真が多すぎる」
「一度自分を”殺して欲しい”」などと文章は書かれているわけですが、あの音大の彼らは決して態度不遜ではなく、でもしっかりと音で表現していたのだよね。藤原さんのあの文章。何度も何度も読んでみるといいです。読むたびに新しい発見があるから。何回お湯を継ぎ足して飲んでもいい中国茶のように思います。彼ら、2歳から楽器やってるっていってた。キャリアが長けりゃいいってものではないけれど、志を打ち込んできたやつって凄いよね。
チンギス・ハーンの映画の言葉思い出しました。
「遠方を見よ。志を地の果てまで飛ばせ」

明日からと言うか今日からバージン諸島に出かけます。
NY経由でカリブに飛び、船で島々を廻ります。
戻りは12日。
刺激されたから、ちょっと頑張ってこよう!
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-03-02 23:40
新たなること!
新たなることやものが見たい!
誰かの物まねではなく、自分だけの何か!
それは若者の特権でもあるし、
大人だからこそ出来ることかもしれない。
オリジナリティとは、元来シビアなものだ。
でも一方で、歴史を重ねる中での一歩一歩の進歩もある。
そんな思いで今度の『PHaT PHOTO』を創り、皆さんに送ることが出来ることはとても嬉しいと感じている。今までの中で一番お気に入りの号!見てない人は是非!
f0060501_22565660.jpg

本城君とはまた違った感じで、六本木ヒルズ周辺を模型のように撮ってみた。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-02-27 22:58
「プロレスラーは強いんだよ!」
とリング上で叫んだのは、2004年の5月、
K1戦士イグナショフを倒したときの、中邑真輔、当時24歳の新日本プロレス若きエース。
リングサイドにいたほとんどがその言葉に心から酔いしれたものでした。

「写真はかっこいいんだよ!」と同じように叫びたいのが僕です!

『PHaT PHOTO』とは、それを実証したいと思っている雑誌。
そのことに共感してくれる人たちをさらなる写真好き人にしたいのです。
あのときリングサイドに熱くなって集まったファンのように
「そうだ!」とガッツポーズをとってくれる人たちと一緒になって、
「楽しい企て」やり続けていこうと思っています。

タイトルのPHaTは、超かっこいい!というスラング。
PHaTなPHOTOであってほしいという思いです。

そして、再び書いてしまうのですが、
今度の黄色いハッピーカラーな表紙の『PHaT PHOTO』。
僕としては、カッコイイ!雑誌に近ずいたと喜んでいるのです。

荒木さんの20代作品、初公開だけじゃなく、「初」といえるものいっぱい並んでいます。
その一つは、「写真家20代の頃」に登場のブライアン・ユーリッヒ。
NY出身の35歳。彼の作品は、写真雑誌として(メディアとして?)日本初公開ではないでしょうか。こういう作品が海外では評価されているのかと、あるいは、確かに僕も(私も)何かいいな!と感じるよ、などと、その写真をじっくり見ながら心にインプリントすることは、ヒンズースクワットやるみたいに、写真の筋肉が鍛えられると思います。

勝った試合でもらったカップをスリスリしたくなるように、気に入ってます。
おまけに、ポスターがカッコイイ!
これは、勝った翌日に読むスポーツ新聞のような気分でしょうか。
書店に貼られているはずです。

「写真はかっこいいんだよ!」と思っている人は外せないだろうなぁ。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-02-22 23:11
手にとって見てください!
今日から『PHaT PHOTO』が書店に並んでいるはずです。
是非手にとって見てください。自信作です!自分で言うのも変ですが(笑)。
雑誌のタイトルであるPHaTとは、Pretty Hot and Tempting=超カッコイイ!という意味のスラングです。『PHaT PHOTO』はその名のとおり「写真はかっこいい!(んだよ!)」と、高らかに伝えていきたいと思って出しているところもあります。
「そうそう、写真っていいよね!」とそれに共感してもらえる人に読んでもらいたいのです。
いつもなかなか出来ていませんが、出来れば写真というブランドを高めていきたいとマジ思っているのです。それが、今回の号は「うまくいったなー」と思っています。
写真はカッコイイ!と思わせるいろんな記事が並んでいます。
さり気なくリビングや机の上においておくだけで、何か部屋の空気が変わるような、、、。
内容的には、”天才!アラーキーの20代作品、初お披露目!”を含め、「初」という企画や記事が多いです。その辺の発表は、その成果を勝ち取った編集部員に栄誉を譲り、いずれ編集部日記で随時「初」を語ってもらいたいと思っていますが、皆さんとにかく見てください。
今度の号は、今まで置いてなかった書店(例、東京以外のビレッジヴァンガードなど)にも多く並んでいるはずです。速い足で売れていくんじゃないかなー。(そうあってほしいと思いながら)
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-02-20 21:05
アンケートにうれしいなー!の巻
土屋アンナ号のアンケートがこのところ続々と届く。
全員で回覧して、励みとさせてもらっているのだけど、やっぱり嬉しいね!
恐らく自分が担当したところや、何か関係のあるところはじっくり見てしまう。
個人的には、手紙などもらってちょっと照れて人には言えないようなお褒めの言葉が書いてあったりすることも。そういうはがきは、しっかり保管して引き出しの中に大切に仕舞い込んだりする(笑)。そんな記念すべき土屋アンナ号も新しい号が出ると、書店からは消え去る運命。何かもったいない気持ち。梅佳代や本城君やそのほかいろんな写真家の「写真にまつわる12の夢」がいっぱいのこの号。幸せな気分になるんだよなぁ。
第2特集の「買いたいカメラ2007」は、海外の写真家にもアンケートと取っているから、他の雑誌とはまた違った「買いたいカメラ」が並んでいるのもいとおかし。新しいカメラで無いのに、海外の写真家が進めていたりすると「そうそう!」と共感してしまうこともあるよね。そこが『PHaT PHOTO』らしいとも思う。永久展示してくれるといいのに!
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-02-06 23:59
真贋を極める!
ただいま『PHaT PHOTO』2月20日号の制作まっさい中!
読者に喜んでもらいたい!という思いから、新しい試みを今度の号でもいろいろやっている。
僕の関係で言えば、
●居酒屋「談話室」という連載を始める。
原宿近くの居酒屋で、話しこみたい人を連れてきて、写真の未来について語り明かすという内容。1回目は、アサヒカメラ編集長の奥田明久さんと写真雑誌の未来についてとことん話した。その内容は、とても濃いものでやってよかったと思っている。楽しみにしててね。
そこまでいって「楽しみに…」は、そりゃーないぜ!ともいわれかねないので、ちょこっと話すと、創刊80年を超えるアサカメに、僅か6年の『PHaT PHOTO』の印象を聞いた。
そのときの言葉が、タイトルにある真贋を極める!というもの。簡単に言えば、「本城君や梅佳代といった若手を見つけてきて広く伝えていってることに意味を感じる。それは、真贋を極める作業」というようなものだった。真贋とは、本物と偽者のこと。それを見極めるということだから「もったいない言葉!」という気もするが、ありがたく聞かせてもらいました。昨年の3月に出した「この写真家と仕事がしたい!」という『PHaTPHOTO』の増刊号で、仕事がしたいと取り上げた写真家の中に、梅佳代さん入っているし、確かにそういう点はあるかも。この増刊号では、他にも新しい写真家を写真とともに紹介しているから見てください。『PHaT PHOTO』が選んだ写真家が今後さらにビックになっていってくれると嬉しいし、奥田さんが言ってくれた言葉もよりリアルなものになってくる。今書店に並んでいる号、まだの人は読んでね、本城君や梅佳代が華々しく登場していますから。
ところで、こんなページを見つけた。
f0060501_2092754.jpg


f0060501_19583794.jpg

これはアマゾンのユースドのページをプリントアウトしたもの。
土屋アンナの表紙は今の号だし、MEGの表紙の号はその前の号。確かに、NYのカレンダーやフォトグラムキット付き「UROCO」の人気号ではあるけれど、最新号は書店に並んでいるし、なかったとしてもこのウエブからバックナンバーとして正規の価格で買えるものなので、欲しい方はバックナンバーの欄から申し込んでください。昨年の3月に出した「今この写真家と仕事がしたい」の増刊号も正規価格で購入できます。念のため。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-01-31 20:21
38分の13!
いま、全力で次の号の入稿作業中!
それはまぁいいとして、今日は緊急のお知らせ。
バックナンバーについて。
このホームページのバックナンバーのページを見てもらえれば判るのだが
これまでに増刊を含め38冊の『PHaTPHOTO』が出版されている。
その内、なんと25冊が完売!している事実は、自分ごとながらすごいなぁと感じる。
よくわからないけれどこういうことって38試合中25ケーオー勝ちということと同じじゃないの?と思ってしまう。KO率は65%だ!おまけに、あのスクエアーフォーマットで何種類にも撮れるピンホールカメラ「TIGRE」付きの号もついに「残り僅か」の表示が点灯。新たなKO劇が間近になった。残り10冊をきったということだから。ピンホールカメラブームを作った「ZEBRA」の第2弾だったあのかわいいカメラ「TIGRE」も残り僅か。欲しいという方はお早めにゲットしてください。売り切れとともに、永遠に「TIGRE」は手に入りませんから。これで、人気の付録付きは「UROCO」号のみとなる。「UROCO」もやがては同じ運命の途上だろう。こちらは、モノグラム(=古い言葉で言えば日光写真)が楽しめる号だから、興味のある方はこちらもHPからお求め下さい。ついでに言えば、上戸彩の表紙の昨年出版した増刊号も僕のお薦め。特集は「いま、この写真家と仕事がしたい!」というもの。写真業界関係者のアンケートから導き出された写真家はしっかりいま今日を予想しているから面白い。1年近く前にもかかわらず梅佳代だって紹介されているんだよ。さすが真贋を極めるファットフォトだ。どんな写真家が来ているのかを知りたいなら、また、今後の写真のトレンドを探りたいなら、この上戸彩号もお薦めです。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-01-26 01:19
スタジオ撮影会が新しく生まれ変わった!
弊社シー・エム・エスは、なんて、
ちょっと気取ったみたいな言い方だけれど、ご存知『PHaTPHOTO』を出版したり、写真教室を運営したり、写真に関するイベントを行ったりしている会社だ。(撮影の仕事をしているのは言うまでもないけど)。その事業の目的は(これも気取った言い方かな)、写真に関して出来ないことが出来るようになったり(たとえば写真教室)、知らないことがわかるようになったり(みんなそうだけどファットフォトとか)、将来が楽しみに思えてくる専門性が身についたり(これもみんなそうだけど、PHaTPHOTO'Sもその一つ。今年も新たに募集を計画中)
シー・エム・エスと関わることで写真に関しての自己成長を実感出来る会社であり続けたいと思っている。それは、超ニッチな分野かもしれないけれど、その狭い分野で1番の会社になれれば幸せだ。そのことで、「あなたの会社があったから写真ライフを満喫している」なんていつか読者やお客様に言われ、おまけに「あの会社は写真業界の誇りだ」なんていわれる日を目指してスタッフ一同日々頑張っているつもりだ。10年かかってもそんな会社が作れれば心から嬉しい。そのことを通して「この会社に入ったから自分自身も一番成長出来ました」なんてスタッフが感じられたら、それは超エクセレントな会社だろうなー。でもそれを目指したい。そんな思いの毎日。そんな観点から、出来るものからだけど仕事を見直したりもしている。今週日曜のスタジオ撮影会もその一つ。スタッフMとTによる新たな試みのスタジオ撮影会。
今度のスタジオ撮影会のテーマは、ナチュラルカジュアルだそう。スタイリッシュなジーンズ、コットン等のシャツに、カットソーを合わせる。何気ないスタイルの中に人目を思わず引く様な差し色を使い、メイクもそれにあわせ素肌感を出していくのだそう。それにあわせ、モデルも決めたとの報告を受ける!
思わず「スタジオ撮影会」に参加したくなった!楽しみだなー、今週の日曜。僕も単にライティングを教えるだけでなく、モデルの前に立ったとき、どんな指示の仕方をして、そのためにどういう空気を作っていくか、いわゆるカメラを持って被写体の前に立ったときのハウツーを教えようと思っている。こんなスタジオ撮影会を今年は行って行く予定だから、WEBにて要チエックされることお勧めします。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-01-25 00:44
Phat meets music"get along with song"
土屋アンナの表紙の今号は、いろんなところにおまけみたいなものが付いている号だ。
綴じ込み付録のNYカレンダーは、モントークの青い海が表紙という、正にラッキーアイテムな付録だけど、75ページにも注目!
あの偉大なカメラメーカーと今人気のあの商品を持つ外資系人気メーカーが一緒になって(それをくっつけてしまったのがファットフォトというのが、我々のひそかな誇りだ)、まったく新しいイベントをやる。100名様を抽選で無料ご招待する内容が載ってるから見逃さないように。
撮る、プリントする、選ぶ、並べる、ショートストーリーになる、with musicという内容は写真の持つ楽しい全ての要素を体験し、かつ学べるイベント。完全事前申し込み招待制となっている。機材貸し出しや制作したものも持ち帰られるという親切な内容。ここではこれ以上言えないけれど、是非このページをチエックしてくださいまし!抽選日は2月2日。その締め切りは1月31日。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-01-20 21:33