今日は歓迎会でした!
皆さんが働く会社にも新人が入ってきましたか?
少し遅いかもしれませんが、仕事がひとやま超えた今日はシー・エム・エスの歓迎会でした。
みんないいたいことをいいながら、盛り上がり楽しく酔っ払いました。
いっぱい働いた後に、仲間と飲む酒は世界で一番美味しい酒だと思いました。
飲み会の中で沢山の写真を撮りました。
我々の歓迎会ですからそれぞれがそれぞれのカメラで激写。
その写真は、企業秘密に関わるので見せられませんが
今号の「コンパクトなカメラ特集」の中から参考にして買い求めた、
それぞれがベストだと思うカメラで撮影をしました。
さすがにみんなの選択は、今号の記事を熟読した結果のいいツボをつかんでいます。
ひとまず、全員集合の写真の中の、これはブログにアップするからね!といいつつ撮った写真を紹介します。
f0060501_23385784.jpg

さすがに人気者のMは、みんなにおもちゃにされていますが、Mの心は「最高!」と叫んでいるのが伝わります。
寝そべっているMを外し、最前列の両端に並ぶ二人の彼が、今年のオニュー。
活躍が期待される二人です。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-05-14 23:44
5月はいいね!
馬鹿みたいに思えるタイトルだけど、5月はホントに気持ちのいい季節。
今日は、次号の『PHaT PHOTO』の表紙撮影のため、二子多摩川のスタジオで相武紗季さんを撮影してました。途中、季節もいいということで外光の入るスタジオをロックし、多摩川近くまで散歩しながらの撮影はとても楽しかったです。その模様は次号で(とはかなり気が早い)

「こんな気持ちいい日にオフィスには戻りたくない!」と叫ぶ編集部員Aの実直な意見を振り切り、車はオフィスのある原宿に戻ったのでした。今日の夕刻までに締め切りをかかえる、とある大きな仕事が僕にはあったし、他のメンバーも、そしてAにも、そうはいってみたもののそれぞれの事情というのがあるのでした。これが大人の世界なのです。

間一髪で大きな仕事の締め切りを間に合わせ、唯一僕が定例で教えるプレミアムクラスの写真教室に。
今日の授業は、「エッセンス・オブ・フォトグラフ」というカリキュラム。
これは、ワールドクラスカンパニー(=世界で卓越した会社として認められた会社の中に根づいている教えを写真バージョンにしてカリキュラムしたもの)
どうやって、写真家としてのポジションを作っていくかというお話し。
今日の相武紗季さんを撮影したスタジオバジルの女子アシスタントに帰り際
「テラウチさんのファンなんです!」
と突然言われ、握手した話しを嬉しげに語りながら、そこまで来る(?)過程における大切なノウハウをかなりマジに語ってしまいました。
プレミアムクラスの生徒たちは、そんな話しを真剣に聞いてくれました。

ところで、
読者の意見を中心にまとめた「コンパクトなカメラ」特集の『PHaT PHOTO』が好評です。
まだの方はぜひ書店にてお手にとって実感してください。今の季節のように、とても気持ちいい誌面です。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-05-09 01:32
終わっちゃった!「横浜写真アパートメント1」
今日(5月2日)は、仙台日帰りの出張。
GWの狭間、我がスタッフも写真展の代休を取って、故郷へ、旅先へと!?
一路、東北へと走る新幹線の車窓からは、粉糠雨降る山間の町々が見え僕もちょっと旅情気分満喫!
盛大なお祭りだった「横浜写真アパートメント」への思い出が蘇る。
楽しかったね!「横浜写真アパートメント」。
あっという間だったけど。

f0060501_20453050.jpg

北仲ホワイトの前で関係者一同の集合写真!
この人たちの努力や頑張りや笑顔に酔えて幸せ気分!

f0060501_20461179.jpg

関係者一同とサインボードの前で。
参加してくれた方々、見に来てくれた方々、
それぞれの思いのサインボードは、しっかり写真に残したけど、僕の宝物。

f0060501_2048865.jpg

会期中のイベント参加の人たちで、階段はいっぱい。

f0060501_1829382.jpg

そのイベントの様子。ビークルくぼたさんは、マジいい人!

来てくれたみなさん、ありがとう!!!

またやりたいなーという思いがフツフツ沸いてきた!
何、このタイトル?
1なんてつけている?
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-05-02 20:54
随所に楽しめる仕掛け!
「横浜写真アパートメント」に行ってきた方々から、「面白い!」の言葉たくさん戴いております。
嬉しいだけでなく、心から感謝です。
昨夜のレセプションパーティでは、「これまでの努力が実る日」と占いにあった話しを挨拶でしましたが、なんだかホントにそうなってきているような気もしています。
(まぁ、そこまで努力をしたかというと、そうでもないのですが)

今回の写真展、喜んでいただいている理由の一つに、随所に仕掛けた(それほどでもないけど)楽しめる仕掛けがあります。
この写真は、あるスポンサールームの前ですが、ここに写真のデーターを持ってくると
プリントして持って帰れるのみでなく、もう1点プリントして「北仲ホワイト」に展示が出来ます。
つまりは、いつの間にか、16人目の「横浜写真アパートメント」になっているというわけです。
f0060501_0321996.jpg

この写真は、ツインズのテラウチマサトのイメージで撮っていただきました。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-04-28 00:32
楽しい写真展!
「横浜写真アパートメント」は最高に楽しい写真展だ!
そういって帰られた方が多かった!
昨夜のスタートレセプションでのこと。

展示がいい!こんな感じ!
f0060501_1342119.jpg


夜になるとこんな感じに変わる(ただし、写真展は10時から17時までなので(4月30日の最終日は、16時)こういう感じは見られない)
f0060501_1343478.jpg


「夕方から刻々と光が変わる中で見る写真がとてもいい感じ」とおっしゃって戴いた、その道のプロ関係者のお言葉!

f0060501_1373357.jpg


写真がランダムに飾られ、ふと窓を見ると、これまたすばらしい横浜の実景が見られる。
この写真という虚像と窓から見える実像のはざま、これがたまらんね!
ワイン片手に鑑賞されているのは、中田宏横浜市長。
写真と写真の間から見える写真が、実像に見えてきたり、この空間を創った三島サトル氏は天才だ!

レセプションパーティの模様は写真家日記にアップしました。
写真展は4月30日まで。
3連休はトークショーや音楽イベント、日光写真のワークショップもやるので、
毎日来てください。助かります(笑)!
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-04-27 13:16
これから写真展を開きたいと思っている人たちへ。
明日から30日までの写真展「横浜写真アパートメント」の展示準備に行っておりました。
スタッフたちが全力を尽くしてくれただけあって、想像以上にいい展示になっており、嬉しく見てきました。これから写真展を開きたいと思っている人たちには、メチャお薦めの写真展になっています。
一番のお薦めとして空間展示方法がものすごく参考になります。テラウチと14名の写真家が形の違う部屋で行う思い思いの写真展時を見ていると、まるで写真展のショールームのようです。まったくお金をかけていませんが、ここまでかっこよく出来るんだと思いました。これは空間プロデユースを担当してくれた三島サトル氏の功績大です。各部屋が、写真展を開く人のための参考マニュアルのようです。
次に、2007年から同時スタートし、ギリギリ4月まで横浜という同テーマで撮影してきた各写真家の作品切り口がこれまた参考になること大です。皆さんすばらしい作品ですが、今日見た個人的印象は、我が愛弟子の丸谷ルームが、「この忙しい中、よく撮ったなー」と感嘆しました。忙しい中を一言の不平や弱音も言わず「横浜」を見事に撮りきっていました。いい作品です。お見逃しなく!(丸谷作品は、仕事を終えた後の撮影のため、全て夜~朝にかけての作品です。)
それから、我が写真教室講師の神島作品にも興味を感じました。神島さん、頑張って撮ったなー!というのが第一印象でした。さまざまな年齢の写真家が撮っていますが、名前を隠して展示したら、神島作品などは絶対若い人の写真だと思うのではないでしょうか。感性のみずみずしさを感じました。今日はすべての展示が終わっておらす、全部を見てはいませんが他にもいい写真がいっぱいです。会場内の案内文字やチラシ類なども写真展を開く際のとてもいい参考になるでしょう。今日の完成度を見て多くの人に見てもらいたい写真展だと感じました。”かっこいい!”ライブ感ある写真展です。

ついでに横浜近辺の書店調査をしてきたというしっかりものの編集部員からの報告によれば、4月20日号の『PHaT PHOTO』出だし好調の事とか。小さなデジタル一眼からカメラ付き携帯まで網羅したP*Pらしい切り口の「大好き!コンパクトなカメラ」特集が人気を集めているようです。コンパクトカメラの選択に迷っている方は是非。読者によるそれぞれの利点や人気コンパクトカメラ調査結果も参考度大ですよ!
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-04-25 23:45
桜満開!の山形、宮城から「世界を捉えた感覚への共感」を!
今週は、山形、宮城と行っておりました。
さっき帰ってきたところ。携帯も入らぬ山奥の温泉宿に泊まっておりました。
東京では既に桜の季節も終わり、紀伊国屋新宿南口店で開かれていたテラウチマサトの「編集長の書棚」も終了。気がつけば、「1+14 横浜写真アパートメント」が間近!という有様。
さっきまで、雪があり、麓は桜が満開で、山形では、あの情熱大陸のアル・ケッチャーノ、奥田シェフが作るイタリアンを体験し、お話しを聞かせてもらうなど…。
まだ、頭が東京頭になっていない中、たった5時間の間に、出版との打ち合わせや写真審査、連載をしている原稿の催促に大慌てで対応、クリエーターたちとの打ち合わせなどとどんとん日程が流れて行く東京ライフ。

こんなふうに皆さんも生きているのだろうなーと思ってしまいます。
恐るべし、です。

どうぞ、来週のゴールデンウィーク前半は、心の休息も兼ねて「横浜写真アパートメント」へいらしてください。
それぞれの写真家たちが2007年に撮りおろした横浜。
僕のテーマは、「世界を捉えた感覚への共感」です。
技術とかテーマとか見せ方とか、今回はまったく人の目を意識していません。
僕の捉えた横浜。その世界観に共感してもらえるかどうか。
音楽でもファッションでも、生き方や世界観が好きなんだ!ということがあります。
今度の写真展はそういうことへの挑戦。
写真展に来て1枚でも、「普通の風景なのに、気になるね、あれ!」といってもらえたらウレシイです。

横浜写真アパートメントHP
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-04-20 17:59
変化する!
明日から六本木ミッドタウンがオープン。
東京では初めて、日本でも二番目のリッツ・カールトンが敷地内にオープンするなど話題の新名所だが、その中に富士フイルムの本社も移転した。
ミッドタウン・ウエストのビル全部が富士フイルムの本社で、1日早く中を案内してもらった。(正しくはお披露目会に行けず、オープンギリギリ前で見せてもらった)。
薦めたい見所は、富士フイルムスクエアー。内部には、新しく出来たギャラリーや(=今回は写真家200人による写真展をやっている。かなり面白い!そうきたか!これは意外な、してやられた!など盛り上がること必死!どんな作品でそれぞれの写真家が作品を出してきたのかを見に行ってください。テラウチの写真も珍しい写真を出してる。タイトルがしびれるよ!)他にも写真集を眺められるカフェ、写真の販売コーナー、富士の化粧品を体験できるヘルスケアラボなど、盛りたくさんの施設になっている。その中で、今日、一番受けたのは、年代別でCMが見られる富士フイルムタウン。今となっては超貴重な山口百恵のCMもあったし、笑いこけたのは、高島ファミリーが出ているシリーズ。とにかくツボにはまるとそこから動けなくなるほど。実に楽しいところだから、新名所とともに見に行けば!

写真は、PIE2007のテラウチ出演ブースの様子。この写真はオーガナイザーのメインステージでの講演。事務局の人いわく、動員数は新記録ですとのこと。単純にウレシイものだ。
f0060501_23385080.jpg

熱心にメモをする人たちがたくさんいたって聞いてたけど、確かに!
f0060501_2342846.jpg

次の写真は、ノーリツ鋼機さんでの講演。ノーリツさんのHPでは200から300人が来た!と書いてあったけど、確かにスゴイ人だった。力が入った!
f0060501_23393688.jpg

控え室に平間至さんが来てくれた。
f0060501_2340775.jpg

サイン会もやった!
f0060501_23463158.jpg


PIE2007に行けなかった人に向けて写真で紹介しました。
写真家ブログでも紹介しています。

[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-03-29 23:50
御礼!
僕のPIEは今日にて終了。
フー!!!と一息。
「メインステージの来客数は、新記録です」と担当の方から報告受けた。
来てくれてほんとにありがとう!
明日からは横浜の写真展の準備や新しい号のファットフォト制作に全力向けます!
めちゃめちゃ空腹!何か食べたい!

盛り上げてくれたあなたに感謝しております!
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-03-24 18:20
僕のPIEが始まった!
といっても、「僕の」はPIEに、まるっきり掛かっているわけではなくて
正確には「僕にとってのPIEが始まった!」であるのだけれどまだるっこしいので
上記タイトルになった。
今日は、ニコンブースで女優の黒川芽以さんとのクロストーク。「テラウチの視点、黒川の目」というもの。TVや映画に色々活躍している黒川さんは、この5月で20歳になるまだ19歳の女優さんだが、じつにしっかりしていた、写真も人格も。
彼女のファンが来ていたのはもちろんだけれど、いつものようにいっぱいの人だかりで盛り上がった。今回のPIEは去年のような新しさや派手さはないけど、昔ながらのPIEという感じで悪くない。こじんまりした中にも安定があるようにも感じた。明日は、メインステージとノーリツ鋼機での講演。それぞれに趣向を凝らしての講演だが、13時からのメインステージでは、今日以上にパワーアップして、今現在、最新最高の写真論を話す。テーマは「個性」。サブタイトルを付けるなら「個性的と独りよがりの間にあるもの」。写真に関わっていきたいと考えている人には絶対に聞いてほしい内容になっている。ノーリツ鋼機では写真の展示方法についてゲーム形式で講演する。これから最後の仕上げに入るけれど、既にいい感じなので明日の13時が僕自身も今から楽しみです!!!
f0060501_22315421.jpg

今日のニコンブースの様子。人だかりが出来て舞台の様子が見えないけれどこの奥でクロストークを行った。

各メーカーのブースや展示スタイル、どんなゲストを呼んでいるか、そんなところを見ているのも楽しい。
[PR]
# by phatphotochiefed | 2007-03-23 22:46