旅の日々を終えて!
「ブログ更新されていませんね!」と旅先や行く先々でいわれてしまった。
これは、まずいなー!と思いつつ、でもとても忙しいんだよね、と心の中で叫んでる日々。
横浜、山口、北海道と続いた長期で大掛かりなイベントを無事終え、書きたいことはいっぱいあるのに書く時間を調達できない情けなさ。
今日、電車の中で読者からさり気なく言われた一言。
「ブログ、横浜シャシンエキスポスタートというのが最新ですよ!」
という生声を聞き、いかん!とブログを書き出した次第。

「御苗場」や「トークショー」を含んだ横浜シャシンエキスポは大いに盛り上がったけれど、このイベントの山となることは「打席に立たなければヒットは打てない!」の一言に尽きる。すなわち、参加することで得る多くのこと。
写真で何かをしていきたいと考えるなら、せっかくのチャンスに遠慮するのではなく、打席に立ってそのチャンスを生かすことが大切だと思っている。
このイベントに関しては、いろんな人たちからメールをもらった。
「出てよかった!」、「今回は見るほうに回ったけれど、次回は絶対出ますから」、「御苗場のレベルの高さに驚いた」などなど、いろいろいただいたけれど、今回の打席に立たなければ、にかけて、こんな内容の文章をいただいた。
「打席に立たなければヒットは打てない、といわれて打席に立ったけれど、ヒットどころかかすりもしなかった気がしています。それでも、打席に立ったときに見える風景はしっかり心に刻みました。立ってはじめてわかるバッターボックスと観客席との距離。打席から見えるバックフェンスの広告はあんなに遠くに見えるものなんだ、という悟り。そして、打席に立って受け止めたギャラリーの声の一言一言。立つことで初めて解る貴重な経験を大切にしていきたいです」と。
なんとまぁ奥ゆかしく心に届く文章だろうか。ステキな文章!この人の学んだことの大きさに感動しました。

萩のイベントは横浜に増しての大盛況!
こちらはもう参加者や萩市民の祝福がとても嬉しく感じました。

そして、夕張。
あまり人を集めることは出来なかったけれど、参加してくれた方々は皆さん大喜び。
東京からお連れした8名の写真家の方々からもサンキューメールを頂き、やってよかったと感じました。参加した写真家の一人、有元弥生さんからは下記のようなメールを戴きました。

「こんばんは。フォトグラファーの在本です。
この度は夕張で楽しい企画に参加させて頂くことができて、ほんとうに
嬉しかったです。
北海道の方との交流や、他のフォトグラファーの方たちとの交流はかけ
がえの無いものとなりました。
フォトグラファー同士は、なかなか現場で一緒になることがないので、
意外に孤独じゃないですか。
でも今回はみなさんと交流が持てたことで、写真の仲間がいることが確
認出来ました。
テラウチさんの計らいで皆が集まれたこと、そして夕張という町に出会
えたことに感謝です。
どうもありがとうございました。デジカメを貸して頂いたことで、私の
ビジョンも少し広がりました。
重ねてありがとうございます。
p,s,
一昨日、「幸福の黄色いハンカチ」をDVDで見ました。
70年代って、素敵です。人も温かくて。」

なんてすてきなメールでしょう。こちらまで嬉しくなりました!

写真は、第2期PHaTPHOTO'Sの1次審査風景。
f0060501_1531499.jpg

応募総数266件(前回より40件ほど減)、内、海外からの応募5件(アメリカ3件、イギリス1件、カナダ1件、内1名は日本人)。結果、1次審査合格者78件。色々な新人賞受賞者も多数で、1次審査に通っただけでも充分価値あると思われるハイレベルな内容でした。さらにamanaさんからの審査員を加えて2次審査を近日中に行います。

ということで、なんだかんだまとめた報告でした。
[PR]
by phatphotochiefed | 2007-10-13 02:06
<< 革命は辺境から起こる! 「横浜シャシンエキスポ」颯爽と... >>